闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

原爆症

核兵器をなくすと世界が決めた日

核兵器を無くすことが大事という事が書かれている絵本です。 広島と長崎に落とされた原子爆弾や黒い雨、その後遺症の原爆症、白い粉(死の灰)を手ですくって遊び病気になった友達について…等々核兵器使用後の悲惨な出来事も書かれています。 その後に核兵器禁…

光にむかって サーロー節子 ノーベル平和賞のスピーチ

サーロー節子さんのノーベル平和賞のスピーチをわかりやすく絵にしている絵本です。 サーロー節子さんは1945年8月6日に広島で原子爆弾により被爆します。壊滅した広島を生き抜き、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の一員として核兵器の恐ろしさを世界…

絵で見てわかる 核兵器禁止条約ってなんだろう?

「核兵器禁止条約」について説明された大型の本です。絵がたくさん掲載されていてわかりやすいです。 ヒロシマとナガサキに原爆が落とされた過去がある日本は避けては通れない問題です。 当然核兵器は人間が作ったものなのですが、「だれが、なぜ、核兵器を…

ひろしまのピカ 記録のえほん1

1945年8月6日午前8時15分に落とされた原子爆弾の被害を描いた絵本です。 表紙の絵が怖いです。炎の中にいる女性、赤いお箸を持っている女の子、女性の後ろにいる男性…広島の当時の恐ろしさがヒシヒシと感じられます。 7歳のみいちゃんはお母さんお…