闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

悩み

三塁打だよ、かぎばあさん

かぎばあさんシリーズ10冊目です。表紙はキャッチャーをしているかぎばあさんと三郎。かぎばあさんは野球もできるんですね、凄い。 かぎばあさんの服のボタンが野球のボールみたいでとてもかわいいです。 三郎は野球が優秀な兄と比べて自分の野球レベルに…

女の子って。2

小学生の女の子の悩みあるあるを漫画と記事で紹介している本です。 歯磨き、いびき、片づけ、おなら、ネットトラブル、汗っかき、乾燥肌、人間関係…等々。物凄く深刻というわけではないですが、小学生の女の子なら相当悩みそうな悩みばかりです。 他には風邪…

女の子って。1

小学生の女の子の悩みあるあるがマンガで読めます。 ダイエット、ニキビ、便秘、赤面症、乾燥肌、乗り物酔い、睡眠、日焼け、貧血、膀胱炎、音痴、生理…など深刻では無いけれど女の子にとっては大問題な悩みの解決法が書かれています。 漫画と記事が合体して…

かぎばあさんアメリカへいく

かぎばあさんがついにアメリカに登場しました。 主人公はアメリカのシアトルに住む小学校三年生の純。父の仕事の都合でカーキーク小学校に通っていますが英語がまだうまく話せず、クラスメートとも馴染めないでいます。 特にいじめっ子のウィルにはクレヨン…

かぎばあさんの魔法のかぎ

前回に続き広一が登場します。広一は算数のテストで100点をとったのに先生から「まわりの子とかくれて答え合わせしたんじゃないのか?」 と言われてしまいカンニングを疑われます。 モヤモヤした気持ちをかかえながら自宅に戻るも、ふいにかぎばあさんが…

なんで僕に聞くんだろう。

多発性骨髄腫である幡野広志さんが人の悩みに答える悩み相談本です。 この本も幡野さんのいい意味での性格の悪さが出ていて読みやすかったです。正直私はこういった悩みは「自分で考えればいいんじゃない?」と思うタイプなので幡野さんがギッシリ文章で回答…

他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。 #なんで僕に聞くんだろう

多発性骨髄腫である幡野広志さんが他人の悩みにお答えするいわゆる「悩み相談」本です。 幡野さんの本は写真集以外は全部読んでいるのですが、今回もなかなかの性格の悪さが発揮されています。性格が悪いとは言えきちんと悩みに向き合い回答をしているので好…

もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら

もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら…というもし~系の本です。 作者の「高齢になったブラックジャックは何をしているだろうか」という妄想から生まれた本です。 妄想なら仕方ないか…と思うのですがブラック・ジャックはこんなアドバイスはしない…