闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

流産

生きてさえいれば

「羽田秋葉」が「牧村春桜(はるか)※母方からの遺伝性の心臓病と闘っている」と出会うボーイミーツガールと、小学生で小6の「千景」が中二の「羽田夏芽※脊髄損傷で車椅子生活」と出会うボーイミーツガールの二つの話がメインで話が進みます。 どちらのボーイ…

雨のち曇り、そして晴れ 障害を生きる 13の物語

NHK厚生文化事業団編集による13の物語がまとめられている本です。 1・吉村章さんはご自身の居眠り運転により頸椎骨折で体が不自由になります。当時の彼女との別れや母の交通事故など苦しい時期も続き、頸椎損傷のため車椅子生活になりますが、職場で奥…

名探偵コナン 90

名探偵コナンも90巻まで読むことができました。まだまだ先は長いけど頑張って読んでいます。殺人事件の多さが気になりますが探偵物だし仕方ない。 FILE.1 「甘い匂い」では元駄菓子屋主人の仙波和徳さんが怪我をしています。先月は交通事故にもあっ…

壁+病=やさしい人生 (かべたすやまいはやさしい人生)

竹下薫さんの書いた線維筋痛症との闘いの本です。 強い遠視による重度の弱視と斜視・トレーラーとの交通事故・流産・重度のうつ病・自殺未遂・アナフィラキシーショック・MASAの感染による肺梗塞・脳腫瘍・てんかん…等も出てきました。 全体的に痛みと闘…