闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

置き去り

かぎばあさんぼうけんの島へ

転校してきたばかりの「奈保子」がミュージカルで「かぎばあさん」を演じることになるお話。 奈保子の先生の伴先生がミュージカルを書き上げ、生徒達が学芸会で演じる事になります。そのミュージカルが「かぎばあさんぼうけんの島へ」というタイトルです。 …

理科と算数で検証したら、わかってしまった昔話の真実2 世界のお話編

世界の昔話を理科と算数で検証するという、適当にやったら白けそうな検証本です。 この本はガチ目で検証しているので「なるほどなあ」と思いました。 昔話は昔話として普通に読むのが一番面白いと思うのですが、別目線から見てみるのもたまにはいいものです…

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

太田庸介さんの写真によって見ることができる、福島第一原発20キロ圏内にのこされた、置き去りにされた動物達の記録です。 犬・猫・牛・ブタ・馬…などペットや家畜が無残にもとり残されている状態です。避難第一とはいえ買われていた動物たちが放り出されて…

アーヤと魔女

身よりの無い子供の家、孤児院「聖モーウォード子どもの家」で育ったアーヤが魔女と暮らすようになるお話です。 アーヤ自身も魔女の関係者らしく、置き去りにされていた時に「なかまの12人の魔女に追われています。逃げきったら、この子を返してもらいに来…

火星の人

火星の人はアンディ・ウィアーさんにより書かれた火星に置き去りにされたワトニーが奮闘するサバイバル本です。 「火星の人」は「オデッセイ」というタイトルで映画にもなりました。 ワトニーの性格が明るくポジティブなので読みやすいです。 火星に置き去り…