闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

重度障害

ぼくは海くんちのテーブル

小さな頃に洗濯機に落ち、超重度障害児となった海くんのお父様が文章を書いている絵本です。 西原さん家族を海くんの家のテーブルが見守っているというお話です。 メイン登場人物は海くんの家のテーブル、おばあちゃん、お父さん、お母さん、お姉さんのあや…

海くん、おはよう

超重度障害児の海くんを見守るお姉さん、理乃(あやの)さんが書いた本です。 当時高校二年生の理乃さんですが、海くんへの深い愛情が感じられました。 メイクアウィッシュの協力なども丁寧に書かれています。 ディズニーランドは障害がある子供にも優しいとい…

海くん、生きててくれてありがとう

超重度障害児の海くんに愛情をそそぐ家族の絆がわかる本です。 1991年、海くんはお母さんの由美さんが勤める国立病院の院内保育所で水の張ってある洗濯機に転落してしまいます。 海くんが1歳7か月の時に起こってしまった不幸な転落事故です。 もともと…