闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

HIV ヒト免疫不全ウイルス

父親になったジョナサン

「ぼくはジョナサン…エイズなの」「ジョナサンのニッポン日記」の二冊の主人公のジョナサン・スウェインが結婚し、父親になったという事がまとめられている本です。 ジョナサンがディスレクシア(学習障害)だという事が今回の本で初めてわかりました。 中学入…

写真絵本 ジョナサンのニッポン日記

「ぼくはジョナサン…エイズなの」の続編です。 ジョナサンが日本にやってきたことがまとめられている写真多めの本です。 表紙は日本を満喫している様子のジョナサン。美少年です。 なぜか日本の人は外国から来たお客様にハッピを着せたがりますが、ジョナサ…

写真絵本 ぼくはジョナサン…エイズなの

アメリカでは幼稚園児から小学校六年生までを対象にしているという「写真絵本 ぼくはジョナサン…エイズなの」ですが大人でも十分学べる本です。 1992年に発売された本なのでかなり古いのですが輸血によってエイズウイルスをもってしまったジョナサンとい…

プロイ HIV母子感染孤児プロイへの手紙

タイのバーンロムサイで暮らす孤児プロイが主人公。 プロイとはタイ語で宝石という意味だとか。 プロイは親をエイズで亡くし自らもHIVに母子感染をしています。 これは辛い… 生まれながらにしてここまでツライ人生なんて。 タイでも「あの子と一緒に遊んでは…

ともだちになろうよ! HIVとともに生きるこどもたちの声

最先端のAIDS治療をおこなっているアメリカで描かれた絵本です。 表紙は子供らしい良い絵が並んでいて患者が描いた本とはわからないくらいです。 HIVとともに生きている子供たちが描いた絵や言葉を集めています。 子供ならではの正直な気持ちを書いているの…