闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

二平方メートルの世界で

限局性皮質異形成で入院していた小学校三年生の前田海音さんが文章を書き、はたこうしろうさんが絵をかいた絵本です。

二平方メートルは病室のベッドを表しています。ベッドは縦が約2メートル、幅が約1メートルで二平方メートルです。

 

絵本内には限局性皮質異形成という病気は出てこず、巻末の「この本ができるまで」という部分で「脳神経の病気」とだけ書かれています。どのような病気か私のように気になる人もいると思うので隠しているわけでは無い場合は病名を本に入れていただけるとありがたい。(海音さんの病名はネット検索で確認できます)

 

長期入院で海音さんが孤独を感じたり、自分ができないであろうことを気にしたり、じぶんの病気で家族四人がバラバラに生活をすることが海音さんに重くのしかかっています。

 

偶然にベッドについているオーバーテーブルの下を覗き込んだ時に、他に入院をしている子ども達のメッセージをみつけて「自分はひとりじゃない」と涙する海音さんがいじらしいです。

 

病気で入院している子どもの気持ちが丁寧に描かれていて優しい絵本でした。

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------

二平方メートルの世界で

文 前田海音

絵 はたこうしろう

発行者 飯田昌宏

発行所 株式会社小学館

2021年4月25日初版第1刷発行

2021年6月6日第2刷発行

----------

----------