闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

ラブレター 写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙

写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙とあるように皆に読まれる前提で書かれている手紙なのでいい事しか書かれていません。

 

多発性骨髄腫の幡野さんなのでチラホラ病気関連のお話も出てきます。旅行者下痢症、肺炎、敗血症、下痢…等々。病気とは思えないほどアクティブに活動しているのでヒヤヒヤしてしまいます。

 

息子の優くんの顔がしっかり確認できる写真がかなりあるので優くんが気の毒になりました。顔が掲載された本が残ってしまうのはデメリットが多い気がする。親としてはかわいい子供の写真を使いたいとは思うのですが…

----------

ラブレター 写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 へのアマゾンリンクはこちら。 https://amzn.to/3KMC7ZG

----------

ラブレター 写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙

著者 幡野広志

発行者 大津山承子

発行所 ネコノス合同会社

2022年7月15日第1刷発行

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング