闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

脊髄損傷

ボッチャの大きなりんごの木

ロードバイク大会で自転車事故を起こし、体が不自由になったゾウのボッチャが主人公。 絵本の中では脊髄損傷とは書かれていませんでしたが、本人の体験が元ということで脊髄損傷のカテゴリーにまとめています。 目を引くきれいな色使いの大胆なイラストで、…

生きてさえいれば

「羽田秋葉」が「牧村春桜(はるか)※母方からの遺伝性の心臓病と闘っている」と出会うボーイミーツガールと、小学生で小6の「千景」が中二の「羽田夏芽※脊髄損傷で車椅子生活」と出会うボーイミーツガールの二つの話がメインで話が進みます。 どちらのボーイ…

障害者の日常術

障害を持った方29人にインタビューをし、一冊の本にまとめてある本です。実際には30人へのインタビューなので消えた一人が気になります。 内容は「生活」「障害」「遊び」「主張」「仕事」「恋愛」と多岐にわたりいろいろな人がいることがわかります。 1・…

普通で最高でハッピーなわたし 特別でもなんでもない二度目の人生

渋谷真子さんが書いたポジティブな気持ちになれる本です。 渋谷さんはYouTubeの動画を初期の頃から見ていたのですが、ご自身の脊髄損傷に向かい合う姿がきびきびしており、同性ながらぼれぼれと見ていました。 美人で声も聞きとりやすいので見ていて楽しいし…

100%の前向き思考 生きていたら何だってできる! 歩ずつ前に進むための55の言葉

猪狩ともかさんの書いた本です。表紙は可愛くて可憐な猪狩さん。 猪狩さんは2018年4月11日に強風で倒れた看板の下敷きになり脊髄を損傷してしまう大事故にあいます。 事故からの回復や復帰の日常を丁寧にまとめてあり、猪狩さんの文章力の高さもあり…

車いすで世界一周 リック・ハンセンのお話

トラックの荷台に乗っていた際に事故にあい脊髄損傷となったリック・ハンセンさんについて書かれている本。 事故の起こった件については気の毒としか言えない。 バレーの選抜キャンプに誘われていたものの断って釣り旅行に出かけ、その帰りに通りかかったト…