闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

頭痛

パパは生きている 植物人間から奇跡的に甦ったある科学者の手記

昭和48年8月に大阪で開かれた万博を見に行き、47歳で脳卒中で倒れた安井信朗さんの手記です。 命はとりとめたものの脳血栓・脳梗塞としては最も重い部類の症状の為、全身麻痺、重い言語障害が残り始めは植物人間と言われる状態でした。 倒れる前には予…

私の脳で起こったこと「レビー小体型認知症」の記録

レビー小体型認知症の樋口直美さんの日記をまとめてある本です。本書は2015年7月ブックマン社より刊行されたものに加筆・修正を行った本です。 病気に気づいてから講演に踏み出すまでの2年4か月の中から抜粋してあり、日記なので正直に書かれている症…

猫の菊ちゃん

保護猫カフェから迎えられた菊ちゃんをかわいがる老夫婦の日常が描かれた漫画です。 可愛い菊ちゃんとおじいさんおばあさんのやり取りに心温まります。 菊ちゃんは奥ゆかしい性格で、いたずらもせず夫婦の言葉も理解しているようで頭が良い猫だという事もわ…

45歳、ぐーたら主婦の私が「デブあるある」をやめたら半年で20kgやせました!

45歳、ぐーたら主婦の桃田ぶーこさんが半年で20キロ痩せたダイエット記録です。 表紙は太っていた頃のブタ鼻のぶーこさんのイラスト。 見苦しい絵なので見たくないなあ…と思っていたら昔の本人写真がかなり似ていて驚いた… 掲載写真は肥満顔+眼鏡なので…

おいで、アラスカ!

12歳の少女パーケルと13歳のてんかんの少年スフェンが主人公。 ボーイミーツガール小説ですが二人とも良い感じに性格が悪いのでアクシデントが沢山あり、楽しく読めました。 スフェンは介助犬アラスカのユーザーです。そのアラスカが元はパーケルの家の…

勝つために生まれてきた子どもたち 未来を育む母たちの詩

20人の親と子供たちのリアルな記録本です。 1・我妻愛子さん 全盲の2人の子供を明るく成長させた母の物語。盲目…視覚障害をハンデにしない前向きな考えで素晴らしい子育てをしています。 2・幸田恵里子さん ダウン症の妙子さんを育てていく気持ちが綴ら…

ふしぎなかぎばあさん

手島悠介さんの「かぎばあさん」シリーズ一作目です。 私が小学生の時にものすごく流行ったのですが今読んでも面白かったです。 鍵っ子によりそい手厚いケアをしてくれる優しいおばあさん…なのですが、現在だと通報されてしまいそうです。 人の家の鍵をあけ…

?(ギモン)を!(かいけつ)くすりの教室③ くすりと体の関係は?

薬の効くメカニズムなどについて詳しく説明してくれる本です。 わかりやすいので助かります。 こういう本を読んでいると薬を作っている人は凄いなと感じますね。 よくある症状にはどんな薬を使う? の説明が勉強になりました。 風邪、インフルエンザ、頭痛、…

まんがでわかる天気痛の治し方 気圧による不調をズバッと解決!

天気痛による痛みの症状が詳しく描かれているマンガです。 絵が可愛いのでとても読みやすい。 天気痛が少しわかる山下さんが天気痛初心者あさばさんと一緒にいろいろ体験する形でどんどん進んでいきます。 (職場の先輩かは詳しく書かれておらず実際には同期…

禎子の千羽鶴

原爆の子の像のモデルとなった佐々木禎子さんの人生をまとめてある本です。 イラストがとても素敵。 佐々木禎子さんといえば折り紙をひたすら折っていた少女…というイメージがあったのですがこの本でそうではなかったことがわかりました。 実兄の雅弘さんが…

ずっと健康だと思ってた。34歳脳こうそく克服記

34歳の若さで脳こうそくを患ってしまった女性のお話。 激しい頭痛のあと左手がしびれて動かないのに放置してしまうくらい無知な作者。 普通は手が30分以上動かないとなると行動におこすのでは…? ネットで調べたり友人や家族に相談したり。 そういうこと…