闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

筋ジストロフィーのすべて

監修は医師の貝谷久宣さん。貝谷さんという珍しい苗字で検索してみたらご子息は筋ジストロフィーの貝谷嘉洋さんでした。

 

本のサイズはかなり大きく(A4)読み応えがあります。

月刊雑誌「難病と在宅ケア」に掲載されていた筋ジストロフィーに関する記事を校正・改訂して収載されています。

筋ジストロフィーの病気に関する専門知識部分は難しく眺めていた程度です。

 

「恥ずかしい思いをさせないケアを ~排泄関連の福祉用具~」がすごくわかりやすくて為になりました。

一般的な介護用品はフェアなどでよく実物を見たりするのですが排泄ケア用品はあまり見ないので紹介してある商品に興味が沸きました。

男性女性とケア方法が違うので興味深いです。

 

筋ジストロフィーを持ちながら一人暮らしをし、生活をしている人たちや家族が筋ジストロフィーで介護をする人たちの生きざまもまとめられています。

 

専門的な言葉が多いので読み応えがあります。筋ジストロフィーだけでなく体が不自由な人の役にも立ちそうな本でした。

表紙と裏表紙が少し怖いのが難点?

---------------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング

---------------

筋ジストロフィーのすべて

監修者 貝谷久宣

発行人 今村栄太郎

発行所 (株)日本プランニングセンター

2015年5月1日第1版第1刷発行

---------------

筋ジストロフィーのすべて へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/42Dsqoj

---------------

歩けた日々のスケッチブック

野崎耕二さんの描いた絵がたくさん掲載されているキレイな本です。

「歩けた日々」というタイトルが切ない…今は歩けなくなってしまった事がわかるタイトルです。

 

野崎さんは成人してからの筋ジストロフィー発症のため、長い間、自分の足で歩けていたので歩いて日本各地をまわり、絵を描いています。

白黒やカラーなど見ごたえのある絵がたくさんあります。

37年にわたる絵の軌跡が見られるので癒されます。

 

田舎から都会まで描きあげる野崎さんの絵の上手さには驚きます。

建物はとても難しいのにサラっと描いています。

映像で野崎さんの絵の描き方を見てみたい。

スケッチ中の野崎さんを見かけた人が羨ましくなりました。

 

良く利用している新宿の絵が一番気に入りました。

昔の新宿も今と同じようにごみごみしていて高層ビルがあってとても好みです。

高層ビル群は絵にするのは難しそうなのに凄い。

 

絵と一緒に当時の思い出も書かれていて読み応えがありました。

出張で他県に出かけても絵が描けると仕事の大変さも癒されそう。

-------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-------

歩けた日々のスケッチブック

著者 野崎耕二

発行者 高橋幸重

発行所 株式会社日貿出版社

1994年8月1日初版第1刷発行

-------

歩けた日々のスケッチブック へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/3Sy2G8p

-------

車いすでジャンプ!

車いすモトクロスが好きで車いすモトクロス用の車いすを買おうと自らオンラインショップを運営するエミーが主人公。

エミーは12歳で二分脊椎の障害を持っており、少しは歩けるものの車いすに乗っています。親友のアレエとも仲が良く友人たちとも良い関係を築いています。

 

明るく困難に立ち向かうエミーがとてもかわいいのですがタイトルがあまりにもダサいのでもったいないと思いました。

原書は「AIR」と書かれていましたがこっちの方が良くないですかね…タイトルに「車いす」とかつけてしまうと読む際に引いてしまう人もいいると思います。(あ、障害者を主人公にした感動ものでしょ?みたいな雰囲気で)

この本の主人公のエミーは障害はあるものの自分で起業したり恋愛にも割と前向きで障害抜きにして読んで欲しい本なのでタイトルに「車いす」はつけない方がよかった。

アラスカ・サーモンおばあちゃん等とのメッセージのやり取りで使っていた「ハープパイプエミー」とかエミーが自分でつけたニックネームの「ホットウィール」等をタイトルにしていたら万人受けしたかと思います。

 

妙に魅力があるアラスカ・サーモンおばあちゃんのスピンオフとかあれば読みたい。

----------

車いすでジャンプ!

作 モニカ・ロー

訳 中井はるの

装画・挿絵 須藤はる奈

発行人 野村敦司

発行所 株式会社小学館

2023年12月11日初版第1刷発行

----------

車いすでジャンプ! へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/3UIIuTR

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング

下水道のサバイバル2 科学漫画サバイバルシリーズ

下水道のサバイバル1の続きです。

前回に引き続き下水道の中でジオ、ク・スリ、ケイがひどい目にあっています。ヒポクラテス号さえなければこういうアクシデントに合わないのでいっそのことヒポクラテス号を廃棄したほうが平和な人生が遅れそう。

ただ…今回からヒポクラテス号に非常用の手動充電器がついたので今後もヒポクラテス号が悪い意味で活躍しそうな予感。

 

雨水ますによくタバコが捨ててあってイライラするのですが(タバコ苦手)タバコの吸い殻が海に流れマイクロプラスチックになるとケイが語っておりますますタバコが嫌いになりました。

 

サバイバル科学知識では「水俣病」「新潟水俣病」「イタイイタイ病」について解説があります。水俣病イタイイタイ病の写真が物悲しい。

----------

下水道のサバイバル2 科学漫画サバイバルシリーズ

著者 文 ポドアルチング

絵 韓賢東

発行者 片桐圭子

発行所 朝日新聞出版

2024年1月30日第1刷発行

----------

下水道のサバイバル2 科学漫画サバイバルシリーズ へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/42HXPGp

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング

ナイトサファリのサバイバル2 科学漫画サバイバルシリーズ

停電中のナイトサファリでジオ、ケイ、ジュリが頑張るお話。壮大な親子喧嘩?に巻き込まれたジオとケイが気の毒。

 

サバイバル科学知識ではアメリカの猛獣脱走事件を取り上げています。射殺された動物がモザイクなしで掲載されているので死体を見るのが辛い子には厳しいかも。

 

無事にナイトサファリはオープンしてハッピーエンドっぽいけどこのナイトサファリはいろいろ設備的にヤバそうな気がしないでもない。

----------

ナイトサファリのサバイバル2 科学漫画サバイバルシリーズ

著者 文 ゴムドリCO.

絵 韓賢東

発行者 須田剛

発行所 朝日新聞出版

2015年10月30日第1刷発行

----------

ナイトサファリのサバイバル2 科学漫画サバイバルシリーズ へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/3HBy94o

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング

絵手紙・詩手紙 風のように花のように

浅田美知子さんの絵手紙と鈴木信夫さんの詩と詩手紙が掲載されている大型の本です。

 

華やかな浅田さんの絵手紙と優しい詩の鈴木さんの詩がたくさん楽しめ、カラーで絵も多いので絵手紙に関心がある人も楽しめる内容となっています。

 

作中に鈴木さんによる筋ジストロフィーの解説もあり、わかりやすくまとめられています。

鈴木さんの以前出版された「生命いっぱい」と内容がダブる部分もあるのですが新たな気持ちで読む事ができました。

「君に、いい風、吹きますように」も以前の詩集からの再掲載となっていてじっくり楽しめます。

 

絵手紙の花の絵がとてもキレイなので癒されます。

どんな絵の具や筆を使っているのか書いてあると嬉しかったかも。

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------

絵手紙・詩手紙 風のように花のように

著者 浅田美知子 鈴木信夫

発行者 川内長成

発行所 株式会社日貿出版社

2010年10月16日初版発行

----------

絵手紙・詩手紙 風のように花のように へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/3OkvHDd

チベットのむかしばなし しかばねの物語

しかばねを背負って旅をするデチュー・サンボにしかばねが物語を聞かせるというチベットの昔話を奇麗な挿絵で読むことができます。

 

昔話あるあるの女性の人権なさすぎ問題が読み取れる話が多いので読んでいて辛いなあ…女性がモノ扱いされている話が多い。

女性の意思を聞くことなく嫁に行かせる話ばっかりでウンザリ…まあ昔話あるあるなので仕方ないですが…自由恋愛っぽいお話もあるのですがそういう恋人たちはたいてい邪魔が入ってしまう。

 

病気になるとたいてい病名不明で治療方法も謎でもやもやしました。羊飼いが毒のある植物に触れて苦しむのですが治療方法が「黒ヤギをほふり、その血で体を洗い肝臓を食べる」とか頭痛で苦しむ若者の治療方法が「耳にクモが入り込んでいるので青い蚊帳の中で火を焚き温かくして水をまき、太鼓をたたく」等々…

まあ昔話だしな…

 

全体的にお金に卑しい人が出てくる話が多め。

----------

チベットのむかしばなし しかばねの物語 へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/3SiXntc

----------

チベットのむかしばなし しかばねの物語

編訳 星泉

絵 蔵西

発行 のら書店

2023年9月15日初版刊行

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング

自衛隊員が撮った東日本大震災 内側からでしか分からない真実の記録

自衛隊員が撮影した東日本大震災の写真がたくさん集められています。福島県の破壊された町がたくさんあるのでトラウマがある人は見るのがつらいかもしれません。当時の地震津波の壮絶さがありありとわかります。

 

自衛隊員のきびきびと仕事をする美しい姿、笑顔の写真などもあり一枚一枚が大事な記録という事がわかります。

原子力災害派遣福島第一原子力発電所での作業の写真もあり生々しいです。

 

巻末には自衛隊の当時の活動記録が掲載されています。すごい量の記録があり自衛隊員さんは不眠不休だったのでは…と頭が下がりました。

----------

自衛隊員が撮った東日本大震災 内側からでしか分からない真実の記録 へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/4bb7pFx

----------

自衛隊員が撮った東日本大震災 内側からでしか分からない真実の記録

協力 防衛省 統合幕僚監部 陸上自衛隊 海上自衛隊 航空自衛隊

発行者 石﨑孟

発行 株式会社マガジンハウス

2012年3月1日第1刷発行

2012年3月30日第3刷発行

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング

ナイトサファリのサバイバル1 科学漫画サバイバルシリーズ

停電したオープン前のナイトサファリで苦労するジオ、ケイ、ジュリのお話。

ジュリはとても美人ですが動物を愛するあまり体からフンの臭いがしていても平然としています。

 

いつものことながらケイはひどい目にあっています。動物のフンが顔に直撃したりするのは潔癖症には耐えられないかも。

ジオも狼の爪が腕をかすり怪我をしていてとても危険です。

 

警備室の人がいない状態でナイトサファリに入るジュリの危機管理能力の無さが怖いですね。オープン前からトラブル連続なのでこのナイトサファリは閉鎖した方が良さそう。

----------

ナイトサファリのサバイバル1 科学漫画サバイバルシリーズ

著者 文 ゴムドリCO.

絵 韓賢東

発行者 須田剛

発行所 朝日新聞出版

2015年6月30日第1刷発行

----------

ナイトサファリのサバイバル1 科学漫画サバイバルシリーズ へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/491qVlW

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング

ホワイトバード

トリーチャーコリンズ症候群のオギーが主人公だった「ワンダー」のスピンオフにあたる物語。

いじめっこジュリアンが「おばあちゃん」の戦争体験を聞くことで成長します。

 

ジュリアンのおばあちゃんのサラはユダヤ人でドイツからの迫害をうけます。その時にポリオの少年「ジュリアン」とその家族にかくまってもらうことによって生き延びた体験が語られます。

アンネの日記と似ている部分がありますが巻末の用語解説にもアンネの日記の事がきちんと書かれています。

 

ポリオのジュリアンと家族が聖人すぎていかにも作られた物語な感じ…途中オオカミが出てくる所もタイミングが良すぎて読んでいてフィクションだなとひしひし感じられてイマイチ感動できませんでした。

 

というかこの戦争体験を孫のジュリアンに事前に語っていたらいじめっこのジュリアンはいなかったのでは?と思ってしまいました。

----------

ホワイトバード

原作 R・J・パラシオ

ノベライズ エリカ・S・パール

訳 中井はるの

日本語版イラストレーション 吉井みい

発行所 株式会社ぽるぷ出版

2023年11月21日第1刷発行

----------

ホワイトバード へのアマゾンリンクはこちら。

https://amzn.to/48Es2bx

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング