闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

ウサギ

「いのち」と「こころ」の教科書

「いのち」と「こころ」について書かれた手塚治虫先生のマンガを元にしてある本です。 どちらかと言うと命の大事さについて書かれた話が多いです。 1・環境について考える 「シルバー・タワー」(鉄腕アトムより) 環境問題や環境破壊について描かれているの…

ラビットホッピング! うさぎがぼくのパートナー!?

主人公はアルヴィン。 アルヴィンには小さな妹のリーブがいます。リーブは心臓が弱いので両親はリーブにかかりっきりでアルヴィンはモヤモヤした気持ちで過ごしています。ただ、アルヴィンはリーブが嫌いなわけでは無く子供らしい純粋な気持ちで親にかまって…

みんなで生きる・21世紀12 傷つけられる動物たち

表紙はメイクをされ、服を着せられたサルです。芸をさせられてなんとなくかわいそうな雰囲気。 日光猿軍団(日光さる軍団)とかかわいそうで見ていられないのでこの表紙は見るのが辛い。 サーカスに動物を使うのも国によっては動物虐待に当たるそうです。 サー…

ウサギ

ジョン・マーズデンの文とショーン・タンの絵によって描かれた大型の絵本です。 テーマは環境破壊や環境問題。 祖父の、祖父の、そのまた祖父の時代にウサギたちが海からやってきて、見たこともない食べ物を持ち込み、よその動物を持ち込み、草を食いつくし…

わたしのおとうと、へん…かなあ

フランスの「幼年期と染色体異常を考える21世紀の会」の提唱で創られた絵本です。 主人公はウサギの女の子リリ。弟の名前はドード。 リリの弟ドードが普通と違って少し「へん」だとリリが悩むお話です。 ドードの障害についてははっきり書かれていないので…

おまるにぴょん、できるかな!

トイレトレーニングに役立つ絵本です。 表紙はおまるに立っているウサギ。 うさぎのウサくんがもじもじしている所からお話がはじまります。 もじもじしているのはトイレに行きたいから…という事でおまるに向かってぴょんぴょん歩いていくのですが…その際にた…

うさぎのユック

5匹のウサギの兄弟が強い強敵に立ち向かう物語です。 表紙折り返し部分に5匹と書いてあるので5羽ではなく5匹とあえて書きます。 兄弟の名前は「ユック」「ニッコ」「オットー」「ノンコ」「バリー」 全員可愛いしろうさぎでユックの耳には金色の星がつい…