闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

マヒ

さよならのむこうに明日があるよ ぼくは介助犬大郎

介助犬のトレーニングをうけていた「大郎」が野田良雄さんとの合同訓練をへて、りっぱな介助犬になるまでの物語です。 野田さんは中学一年の時、体の筋肉がだんだんと萎縮していく病気と診断されます。 野田さんの病名はハッキリ書かれていないのですが、モ…

ONE DAY 死ぬまでにやりたい10のこと

主人公はニューヨークに住んでいる16歳のテッド・バーガー。 親友のマークとマークのガールフレンドのニッキ、テッドのガールフレンドのレイチェルがメインで話が進んでいきます。 表紙はグチャグチャっと書かれたイラストです。 テッドとニッキですね。盛…

交通事故で頭を強打したらどうなるか?

交通事故で頭を強打したらどうなるかがマンガで描かれています。 タイトル通りなので内容が想像しやすいです。 医師による傷病名は「脳挫傷」「びまん性軸索損傷」「左片麻痺」「高次脳機能障害」「上外斜視」「近視」「右同名半盲」。 トラックとぶつかって…

わたしの足は車いす

生まれた時から足がマヒしている女の子アンナが主人公。 車いすで生活しています。 母親におつかいを頼まれたところからお話がはじまります。 リンゴとミルクを買いにスーパーへ行くのですが、母親…もう少しアンナに教えてあげてからおつかいを頼んだ方が良…