闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

脳腫瘍

愉快な病人たち

大病、難病、奇病に負けない49人の人たちの記録本です。 ①宮本亜門 前立腺がん ②笠井信輔 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 ③仁支川峰子 甲状腺がん ④村上弘明 大腸がん ⑤東ちづる 胃がん ⑥立川談笑 甲状腺乳頭がん ⑦松崎悦子 印環細胞がん ⑧岡村孝子 急性…

ちゃんと知りたい「がん」のこと 学ぼう・向き合おう・支え合おう 2あなたの大切な人が「がん」になったら

がんについて学べる大型の本です。 学ぼう・向き合おう・支え合おうとあるように「がん」を知ってこそ向き合い支え合えると言う事が書かれています。 セカンドオピニオン、緩和ケア、サイコオンコロジーもわかりやすく説明が入っています。 がんサバイバーの…

ちゃんと知りたい「がん」のこと 学ぼう・向き合おう・支え合おう 1日本人の2人に1人が「がん」になる

「がん」について丁寧に解説している子ども向けの大型の本です。「2人に1人ががんになる」という言葉がなかなか心をえぐってきます。 がんは身近な病気として書かれているので読んでいて少々不安になるかも? (子どもの場合はがんになる人はとても少ないと…

他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。 #なんで僕に聞くんだろう

多発性骨髄腫である幡野広志さんが他人の悩みにお答えするいわゆる「悩み相談」本です。 幡野さんの本は写真集以外は全部読んでいるのですが、今回もなかなかの性格の悪さが発揮されています。性格が悪いとは言えきちんと悩みに向き合い回答をしているので好…

DX版 ブラック・ジャック21  手塚治虫漫画全集421

①「純華飯店」では胆石の中国人のおじいさんが登場します。薬だけで胆石を治せる息子をまっている健気なおじいさんですが、養女の梨花は本当に心配しています。 結局ブラック・ジャックは胆石を取り出してまた戻すという謎の行動をしていますが、信じあう親…

小説 ブラック・ジャック

瀬名秀明さんの書いたブラック・ジャックの小説です。 現代にブラック・ジャックが生きていたらこういう物語があったかもしれない…と思いながら読めました。 第一話は「B・J vs. AI」 タイトルでわかりますがAIモノです。「サージェリー・プロ」という…

崩れる脳を抱きしめて

主人公は碓氷蒼馬。富裕層向け療養病院「葉山の岬病院」で働く為に神奈川にやってきたことから物語が始まります。 碓氷さんは父が借金を作り女と出て行った件に対して父を恨んでいます。 病院設定のはじまり方で「あ、患者と恋に落ちるんだな」と思いました…

ぼくはレモネードやさん

榮島四郎さんの描いた絵本です。大胆な絵柄で色もキレイです。 3歳の頃に小児がんになり、脳腫瘍という頭にできるがんと闘った思い出を絵にしています。 治療が終わって退院しても病院に一生通うことになる事も書かれていてかなりリアルです。 同じ小児がん…

壁+病=やさしい人生 (かべたすやまいはやさしい人生)

竹下薫さんの書いた線維筋痛症との闘いの本です。 強い遠視による重度の弱視と斜視・トレーラーとの交通事故・流産・重度のうつ病・自殺未遂・アナフィラキシーショック・MASAの感染による肺梗塞・脳腫瘍・てんかん…等も出てきました。 全体的に痛みと闘…