闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

愛と死をみつめて

愛はかなしみとともに のこされた純愛の日記

1969年8月15日、金曜日、1時50分頃に貨物列車にはねられ事故死した宮本秀樹さんと佐々木道子さんの残された日記を本にまとめてあります。 冒頭に大和書房編集部の言葉があり、佐々木道子さんの遺影は「愛と死をみつめて」「若きいのちの日記」の大…

佐智子の播州平野 その後の「愛と死をみつめて」

「愛と死をみつめて」のその後の物語とありますが登場人物の名前を微妙に変えてある物語で話が進むのでなんとなく読みにくく感じました。 河野さんが川田、みち子さんが佐智子さんと微妙に元の名前をイメージさせる名前なのでいっそのことガラッと違う名前で…

そのとき虹を見たような ある少女の遺稿

田中澄子さんによる遺稿・詩・イラスト・手紙などをまとめてある本です。 表紙はうつぶせになっている澄子さんと愛犬のドン。 澄子さんは筋ジストロフィーで昭和50年8月10日未明に佐賀市の自宅で14歳の生涯を閉じました。 作家を夢見ていた澄子さんが…

純愛の精神誌 昭和三十年代の青春を読む

藤井淑禎さんの書いた「純愛」を検証する本です。 昭和三十年代というだけあって紹介される本が古い古い。図書館でも保存していないような昭和三十年代の本ばかりなのでその本を読んでいない人にはさっぱりわからないかも。 紹介されている本の中では「愛と…

愛と死をみつめて ある純愛の記録

大島みち子さんと河野実さんの二人が残した膨大な文通のをまとめた本です。 文通で約400通ですよ。 愛がないとここまで書けない。 1962年8月~1963年7月までの手紙を元にしているのですがどれも長い手紙の為読み応え抜群です。 若きいのちの日…

若きいのちの日記 愛と死の記録

軟骨肉腫と闘った大島みち子さんが書いた日記です。 1962年7月~1963年6月の約一年ほどの日記なのに内容が深くて何度も読み返してしまう本です。 「愛と死をみつめて」の方が好きだという人が多いのですが私は「若きいのちの日記」の方が好きです…

病気になった時に読むがん闘病記読書案内

闘病記専門古書店パラメディカと闘病記サイトライフパレットがおすすめ本やサイトを紹介してくれています。 がんになる人は主に高齢者なのでネットで閲覧するライフパレット選は不親切かも。 若者には良いかもしれないのですが… 高齢者はネットというだけで…