闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

被爆

光にむかって サーロー節子 ノーベル平和賞のスピーチ

サーロー節子さんのノーベル平和賞のスピーチをわかりやすく絵にしている絵本です。 サーロー節子さんは1945年8月6日に広島で原子爆弾により被爆します。壊滅した広島を生き抜き、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の一員として核兵器の恐ろしさを世界…

続・被爆者 70年目の出会い

会田法行さんによる「被爆者」の二冊目の本です。 前作で印象に残った原爆ドームの絵を描き続けている原廣司さんが再登場です。 この10年で足腰が弱ってしまい絵のペースは落ちているそうですが3000枚を超える原爆ドームの絵があるとか。 すごいですね…

ヒロシマのピアノ

広島の原爆で生き残ったピアノ、被爆ピアノが主人公。 ピアノが話すのですごく不思議な印象。 みさちゃんという女の子とおねえさんが愛したピアノだったのですが原爆によって壊れ、音を出すことも無くひっそりと現代まで保存されていました。 処分することな…

被爆 ヒロシマ・ナガサキ いのちの証

江成常夫さんの写真集です。 広島と長崎の被爆関係の品物を撮影されています。 カバーは原爆ドーム。 原爆ドームはドーム部分を見せる写真が多いのですが部分的な写真はイメージが変わって良いですね。 写真の被写体は広島平和記念資料館と長崎原爆資料館に…

被爆者 60年目のことば

原爆の落とされた広島と長崎で被爆してしまった人をわかりやすい文章と写真で紹介しています。 カメラマンの作者なので写真がとてもキレイです。 原爆ドームの絵を描き続けている原廣司さんがとても印象的。 当時たくさんの死体が浮かんでいた元安川の水をく…