闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

原子力発電所

それでも「ふるさと」 「負けてられねぇ」と今日も畑に 家族とともに土と生きる

福島に住む行者ニンニクの栽培にユメをかけていた菅野隆幸さんと益枝さん夫妻が主人公。 福島第一原子力発電所による放射能漏れの為、夫婦は仮設住宅で暮らしており行者ニンニクの栽培どころか土を耕すことすら難しくなっているシビアな状況です。 東日本大…

カラー図解 ストップ原発4 原発と私たちの選択

原子力発電所、いわゆる「原発」と私たちの未来について書かれた本です。 原発が必要だという考えと原発はいらないという考えが二つあるそうですが…絶対に原発はいらない派の方が多いと信じたい。 必要派の四名の名前が掲載されていますが、あたま良い人達な…

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

太田庸介さんの写真によって見ることができる、福島第一原発20キロ圏内にのこされた、置き去りにされた動物達の記録です。 犬・猫・牛・ブタ・馬…などペットや家畜が無残にもとり残されている状態です。避難第一とはいえ買われていた動物たちが放り出されて…

原子力のサバイバル2 かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ

原子力のサバイバル1の続編です。 アインシュタイン号とジオの活躍によって無事危機を回避できました。 その後風力や太陽光、地熱のエネルギーに惹かれるケイに対してベン博士は原子力がまだ必要と話します。 「二酸化炭素を放出しないクリーンなエネルギー…

原子力のサバイバル1 かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ

漫画で原子力を学べるサバイバルシリーズです。 ジオ、ピピ、ケイ、ノウ博士、ベン博士がメイン登場人物。 ノウ博士にいちいち対抗してくるベン博士が良いキャラしてます。 ぽっちゃりしたノウ博士に対してベン博士はガリガリ。 この人がいたらお話が進んで…

津波を乗り越えた町々 東日本大震災、十年の足跡

谷口雅彦さんによる文と写真で津波を乗り越えた町が撮影されています。 震災の写真なので当然ボロボロな街並みが沢山掲載されているので覚悟がいる写真集です。船が陸地に乗り上げていたり、重い車がひっくり返っていたりと津波の凄さが感じられます。 そこ…

チェルノブイリからの風

チェルノブイリ原子力発電所の事故のあとの写真がまとめられている本です。 1986年4月26日午前1時23分旧ソビエト連邦ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所4号炉で事故が起きたその後の写真なので全体的にもの悲しいです。 この本は…

それでも「ふるさと」あの日から10年 「明るい未来」を子どもたちに 原子力に未来を夢みた町に生きて

東日本大震災によって人がいなくなった福島県の双葉町の現在を写真に撮った本です。福島第一原子力発電所エリアが多め。 「原子力 明るい未来の エネルギー」という看板をテレビなどで一度は目にしたことがあると思うのですが、この標語を考えた大沼勇治さん…

カラー図解 ストップ原発3 電力と自然エネルギー

図解により電力と自然エネルギーが学べる本です。 表紙は大規模高密度洋上浮体発電ファーム。 すごくきれいなうえに自然とエネルギーが作られるという装置です。 原子力が危険という事はもう世界共通なので少しずつこういう自然で電気が作られる装置へと移行…

カラー図解 ストップ原発2 放射能汚染と人体

図解による原子力発電について書かれた本です。 2では放射能についても詳しく解説されています。 表紙の浪江町から避難してきた女の子が放射能に汚染されていないか防護服で固めた大人に調べられている写真がなんともいえずかわいそう… 原子のしくみと種類…

カラー図解 ストップ原発1 大震災と原発事故

大型で写真やイラストが多い原発について書かれた本です。 東日本大震災の後、電力などの報道や番組が多くなっていて原発が本当に必要なのか気になっていたので読んでみたのですが、子供向けの本とは思えないほどしっかりしています。 最初に「あなたの住ん…

いつか帰りたい ぼくのふるさと  福島第一原発20キロ圏内からきたねこ

10歳のおすねこキティが主人公。 キティは怪我による右目失明、猫エイズを持っていますがこの本で福島の原発事故についての内容がメインとなっています。 2011年3月11日の大地震によって家族と離れ離れになってしまい、東京の新しい家族に引きとら…