闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

失語症

パパは生きている 植物人間から奇跡的に甦ったある科学者の手記

昭和48年8月に大阪で開かれた万博を見に行き、47歳で脳卒中で倒れた安井信朗さんの手記です。 命はとりとめたものの脳血栓・脳梗塞としては最も重い部類の症状の為、全身麻痺、重い言語障害が残り始めは植物人間と言われる状態でした。 倒れる前には予…

ネットで故人の声を聴け 死にゆく人々の本音

ネットに残っている故人の情報を本で読むことができます。 第1章「T細胞型急性リンパ性白血病」ワイルズさん 第2章「縦隔原発胚細胞腫瘍、急性リンパ性白血病」山口雄也さん 第3章「自殺」ブキミオトコさん 第4章「スキルス胃がん」のんさん 第5章「筋…

交通事故で頭を強打したらどうなるか?

交通事故で頭を強打したらどうなるかがマンガで描かれています。 タイトル通りなので内容が想像しやすいです。 医師による傷病名は「脳挫傷」「びまん性軸索損傷」「左片麻痺」「高次脳機能障害」「上外斜視」「近視」「右同名半盲」。 トラックとぶつかって…

失語症のすべてがわかる本

脳梗塞で失語症になってしまったAさんを追いながら失語症に対しての知識が得られる本です。 Aさんの名前はちゃんとした人名でも良かったのでは?と思いました。 実際にある苗字や名前を使うと実際の病気の人が同じ病気だった時に気にするからでしょうか? A…