闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

いじめ

わたしはあなたの涙になりたい

体が塩になってしまう架空の病気「塩化病」の女性二人から愛された主人公八雲が小説家を目指す話。 稀な病気なのに八雲の生活圏で二人も塩化病が発症しているのがいかにも物語臭くてドン引きしながら読みました。発症者は一人目は母で二人目は将来の妻となる…

たっくん

色素性乾皮症のたっくんが主人公。たっくんの本当の名前は「匠」くんです。 たっくんはお日様にあたれず、色素性乾皮症のためそばかすが多いです。外へ出るときは大きな帽子をかぶり、長い手袋をして肌をまもっています。 たっくんはうまく歩けずできない事…

ミッドナイトギャングの世界へようこそ

ロンドンの小児病棟に怪我で入院した12歳のトムがミッドナイトギャングとして活動するお話。 小児病棟がメインなので登場人物は子どもで病気をそれぞれ持っています。12歳のロビンは目に包帯を巻いており視覚障害、12歳のアンバーは両手足を骨折、11…

マスクと黒板

植野中学2年で美術部の立花輝が主人公。目立つことが大嫌いなメガネ男子です。 新型コロナウイルスが流行り出した世界でマスクをみんなしているのが好都合と考えているいわゆる陰キャタイプの輝…ですが決してネクラというわけでは無く、自分の意見を意外と…

通信制高校生の青春

様々な原因で高校へ通えなかった老若男女が通信制高校で学ぶというポジティブな内容がまとめられた本です。 通えなかった理由としては… 経済的な問題・前に通っていた高校の中退・どもり・貧血・腎臓障害・カウンセリングに通っている・円形脱毛症・登校拒否…

かぎばあさんアメリカへいく

かぎばあさんがついにアメリカに登場しました。 主人公はアメリカのシアトルに住む小学校三年生の純。父の仕事の都合でカーキーク小学校に通っていますが英語がまだうまく話せず、クラスメートとも馴染めないでいます。 特にいじめっ子のウィルにはクレヨン…

森の王さま キング・クー

小さくてガリガリでいじめられている「ベン・ポール」がひみつの森で「キング・クー」という女の子にであうボーイミーツガールのお話です。全ページほぼイラストがあり、絵のすばらしさや漫画風に見せる工夫もあって目にも楽しい本です。 ベンに対するいじめ…

飛べないハトを見つけた日から

12歳のダリル・オッターウェルが公園で翼を骨折したハトを見つけ、ハトの世話をするなかで成長していくお話。 ハトに詳しいダッキンズさんにハトを見てもらうと、ハトについた脚のリングから、スピゴットさんのハトだという事がわかります。 ダッキンズさ…

プロクター博士のおならパウダー

10歳の小柄な少年ニリーが引っ越してきた町でリサとプロクター博士に出会うというボーイミーツガールとボーイミーツ博士の物語です。さし絵がものすごくカワイイ。 出会ったプロクター博士は不思議な発明品を作っています。バックトゥーザフューチャーのド…

エヴィーのひみつと消えた動物たち

親子三代で動物と話せる女の子、エヴィー・トレンチが主人公。 このお話はとにかく設定が盛り過ぎていて読む人を選ぶかもしれない。 読んでいてものすごく「作られたお話」というニオイがします。 以下盛り過ぎな設定 ↓ ①親子三代動物と話せる「ギフト」を持…

勝つために生まれてきた子どもたち 未来を育む母たちの詩

20人の親と子供たちのリアルな記録本です。 1・我妻愛子さん 全盲の2人の子供を明るく成長させた母の物語。盲目…視覚障害をハンデにしない前向きな考えで素晴らしい子育てをしています。 2・幸田恵里子さん ダウン症の妙子さんを育てていく気持ちが綴ら…

雨のち曇り、そして晴れ 障害を生きる 13の物語

NHK厚生文化事業団編集による13の物語がまとめられている本です。 1・吉村章さんはご自身の居眠り運転により頸椎骨折で体が不自由になります。当時の彼女との別れや母の交通事故など苦しい時期も続き、頸椎損傷のため車椅子生活になりますが、職場で奥…

DX版 ブラック・ジャック21  手塚治虫漫画全集421

①「純華飯店」では胆石の中国人のおじいさんが登場します。薬だけで胆石を治せる息子をまっている健気なおじいさんですが、養女の梨花は本当に心配しています。 結局ブラック・ジャックは胆石を取り出してまた戻すという謎の行動をしていますが、信じあう親…

わたし、五等になりたい!

主人公は赤ちゃんの時の病気が元で足が不自由な律子。 病名は不明なのですが石橋マッサージという目の不自由な石橋先生にマッサージをしてもらうことによってだんだんと足が回復していきます。 その後の律子は足が多少は不自由ながらも自力で歩けるようにな…

もうひとつのワンダー

ワンダーの主人公オーガストの身近な友人(ジュリアンは友人とは言えないですが)三人をメインにしたお話です。 いじめっ子のジュリアン、幼馴染のクリストファー、同級生のシャーロットが主人公です。 実際にはオーガストはちらっとしか出てこないのですがト…

僕は上手にしゃべれない

主人公は中学一年生の柏崎悠太。吃音で苦しんでいます。 作者自身も吃音と書かれています。 物語は悠太が中学校になって自己紹介をする所からはじまります。 自己紹介の時に悠太はうまく話す事ができず「わざと」胸が悪くて(具合が悪くて)…と保健室に逃げ込…

ハロー、ここにいるよ

11歳から12歳の四人の登場人物が主人公。 視点が四人分あるのでコロコロ変わり面白い構成になっています。 メイン主人公はヴァージル。フィリピン系アメリカ人で11歳。静かでおとなしい性格。好きな女の子の前では一言も話せません。 二人目の主人公は…

羊の告解

主人公は「音石涼平」。 中学三年生で弟の周平、父と母の四人家族です。 ところがある日、父親が人を殺してしまい…というお話。 人殺しの父親(音石孝平)がほぼ登場しません。 50万程度の金銭トラブルで「カッとなって」他人を殴り殺す父親なのに性格がまっ…

余命半年から生きてます! 面白いほど不運な男の笑う闘病記

相河ラズさんの上咽頭がんの闘病記を明るくまとめてある一冊です。 2005年の12月のはじめ、47歳で首の後ろが腫れている事に気付いた相河さん、病院で診察をうけて大きな病院での検査をすすめられます。 そこであっさりとがんであることを告げられま…