闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

地震

わたしはあなたの涙になりたい

体が塩になってしまう架空の病気「塩化病」の女性二人から愛された主人公八雲が小説家を目指す話。 稀な病気なのに八雲の生活圏で二人も塩化病が発症しているのがいかにも物語臭くてドン引きしながら読みました。発症者は一人目は母で二人目は将来の妻となる…

ブラック・ジャック7 手塚治虫漫画全集157

表紙はレントゲンを持っているブラック・ジャック。猫ちゃんのような手がとてもかわいいです。 第1話「赤ちゃんのバラード」 スケバンがコインロッカーに入れられたくる病の捨て子を見つけブラック・ジャックに助けを求めるお話。もしマギー(スケバン)が赤…

クイズでわかる生き残り大作戦! 防災のサバイバル

サバイバルシリーズのメインキャラのジオ、ケイ、ピピがノウ博士の作った防災訓練バーチャルルームでサバイバルするお話。 大地震からのサバイバル、大型台風からのサバイバル、アウトドアのサバイバル、新型ウイルスからのサバイバルと大きく四つに分けて丁…

「いのち」と「こころ」の教科書

「いのち」と「こころ」について書かれた手塚治虫先生のマンガを元にしてある本です。 どちらかと言うと命の大事さについて書かれた話が多いです。 1・環境について考える 「シルバー・タワー」(鉄腕アトムより) 環境問題や環境破壊について描かれているの…

超高層ビルのサバイバル2 科学漫画サバイバルシリーズ

超高層ビルのサバイバル1の続きです。トラブル続きで避難中のジオ達ですが、停電のなか苦労しています。高所恐怖症のケンジは特に辛そう。 ビルでは火事・火災が発生し、地震が起こりシンクホールも発生し想像を絶する過酷な状況です。 ロバートはめまいを…

おとうさんがいっぱい

三田村信行さんの書いた救いようのない物語が5つまとめられています。 ①ゆめであいましょう ミキオが赤ちゃんだったころの自分を見ている所からスタート。ミキオは夢を見ていて「自分」とあっていたと思い込んでいる様子でしたが、実際にはもう一人の「ミキ…

ブラック・ジャック1 手塚治虫漫画全集151

表紙は運転中のブラック・ジャック。車の中でもコートを着ているのが律儀でいいですね。 第1話「報復」では本態性動脈血栓症の子供が登場。ボッケリーニの孫ピエトロが病に苦しみブラック・ジャックに助けを求めるも医師連盟の会長の手回しでブラック・ジャ…

ミッドナイト2 手塚治虫漫画全集355

ミッドナイトACT.2にブラック・ジャックが登場しました。 ミッドナイトの彼女「マリ」が脳死なのでブラック・ジャックに治してもらおうとするのですが、ブラック・ジャックは「できねえものはできねえ」と雑に断ります。 怒ってブラックジャックの家に車を…

続・被爆者 70年目の出会い

会田法行さんによる「被爆者」の二冊目の本です。 前作で印象に残った原爆ドームの絵を描き続けている原廣司さんが再登場です。 この10年で足腰が弱ってしまい絵のペースは落ちているそうですが3000枚を超える原爆ドームの絵があるとか。 すごいですね…

原子力のサバイバル1 かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ

漫画で原子力を学べるサバイバルシリーズです。 ジオ、ピピ、ケイ、ノウ博士、ベン博士がメイン登場人物。 ノウ博士にいちいち対抗してくるベン博士が良いキャラしてます。 ぽっちゃりしたノウ博士に対してベン博士はガリガリ。 この人がいたらお話が進んで…

地震がおきたら

阪神・淡路大震災をテーマにした本です。 小学三年生のけんちゃん、小学一年生のゆうちゃんが主人公。 2人のお母さんが神戸の阪神・淡路大震災について「初めて」話す事から自然に地震についての勉強ができる絵本です。 お母さんは小学三年生の時に壊れた家…

あのとき、そこに きみがいた。 2016年4月 熊本地震の現場から

イラストレーターのやじまますみさんが描く熊本地震の絵本です。 2016年4月16日の本震、震度7という衝撃的な出来事からはじまります。 東日本大震災がその前にあって地震の対策等は日本中で流行っていたのですが、熊本地震がおきたときは皆さん呆然…

地震のサバイバル かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ

自称サバイバルの天才モモとモモのいとこのミミ、モモのお父さんが登場人物。 韓国から見た日本ってこんなイメージなんですかね? 日本と違う日本が舞台になっている気がします。 モモがお下品だけど子供が興味を持つには多少お下品な方が良いのかも? ミミ…

いつか帰りたい ぼくのふるさと  福島第一原発20キロ圏内からきたねこ

10歳のおすねこキティが主人公。 キティは怪我による右目失明、猫エイズを持っていますがこの本で福島の原発事故についての内容がメインとなっています。 2011年3月11日の大地震によって家族と離れ離れになってしまい、東京の新しい家族に引きとら…