闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

かたあしだちょうのエルフ

エルフと言う名前のダチョウが主人公。

 

エルフはアフリカの言葉で「千」を意味する言葉で、一息で千メートルも走ったことがあるくらいの強い足を持っているダチョウです。

ある日エルフはみんなを守るためライオンと闘い、片足になってしまいます。

片足になってからのエルフはみんなに忘れられじっと目をつぶって呆然と暮らします。

 

その後は片足になりながらもクロヒョウからみんなを守って懸命に闘いますが、力尽きた(様に見える)エルフは木になってしまった…という寂しい終わり方をします。

これはまわりの動物たちもダメですね。恩知らずと言うか…酷い。助けてもらったりしていたのにエルフを忘れてしまう恩知らずぶりを発揮しています。

 

エルフもエルフで諦めずに片足でも歩く事を頑張り、何とか生活を立て直してみんなに「手助けしてほしい」ときちんと申し出て欲しかった。

f:id:toubyouki:20201213002209p:plain

f:id:toubyouki:20201213002224p:plain

この絵本は私は子供の頃に読んだのですが、当時エルフが片足になったとたんに生きることを諦める雰囲気になるのが納得いかなかったなあ。

大人になってから読むと「他者から忘れられてしまった」から生きる気力がなくなっていったのか?と深読みしてしまいました。

 

読み方によっては「木に生まれ変わる=ほぼ永遠の命」というポジティブな終わり方という考え方もできますね。

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------

かたあしだちょうのエルフ おはなし名作絵本9

絵と文 おのきがく

発行所 ポプラ社

1970年9月第1刷

1992年7月第76刷

----------

----------