闘病記しか読みたくない

闘病記しか読みたくない管理人「つばめ」のブログです。日本中の闘病記が読みたい。悪趣味だと言われようが闘病記や病気をテーマにした本から感じ取れる生への記録に感動している毎日。本の紹介はネタバレを含みます。道端のポスターの写真等を撮るのも好きです。すべての写真は自分で撮影しているものです。

永遠の昨日

17歳の高校生青海満と山田浩一の恋愛のお話。ただ浩一は「死んでいる」状態で満と恋愛しています。

 

浩一はトラックとの交通事故で頸髄損傷、骨折、命にかかわる症状があり心臓は止まり実際には死んでいるのに動いています。

友達にも浩一が死んでいるのに生きていると紹介するも意外とすんなり受け入れられて驚き…

 

主人公の満が医者の息子。母親が呼吸器系の病気(病名不明)で死んでいて父親とは微妙に不仲…という使い古された主人公像なのがキツイと思いながら読むことになりました。

母死亡(もしくは不在)、エリート父と不仲な主人公がやたら多いのでこういうシチュエーションをみたら「またか!」と思ってしまうようになりました。

 

BLあるあるの攻の前になると雌になっちゃう受…風邪ひいて攻に看病されちゃう受…本当は好きなのに攻にツンツンな受…とかBLあるあるテンプレがここでもかと発動するので浩一の死んでも生きている謎とか全然頭に入らなかった…鬼って何?

 

この本は2002年に笠倉出版社から、2010年に白泉社から刊行された作品を改稿し文庫化したものとあります。

なるほど、最後の260ページからのお話は書きおろしですね。新型コロナウイルスで大変になっている部分が追加されています。浩一が本当に(?)死んでからも満は喪失感と闘っていますが37になった今でも浩一を愛していると〆られます。

 

このお話BLである意味あったのかな~と思いながらも作者の文章が上手いので一気読みできました。浩一を轢いたトラック運転手の事故の影響が貧血だけで済み、浩一からも罪を許されていてモヤモヤ…交通事故を起こした人間は裁かれるべきです。

----------

----------

永遠の昨日

著者 榎田尤利

発行者 青柳昌行

発行 株式会社KADOKAWA

令和4年3月25日初版発行

----------

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

----------


書評・レビューランキング